【Amazon】ポイントモール改悪後でもポイントがつくVIEWショッピングステーションとは?

2021年2月15日以降、ほぼすべてのクレジットカード会社運営のポイントモール経由のAmazon利用でポイントが一部の商品しかつかなくなってしまいました。

一部の商品とはFire HDなどのAmazonオリジナルのデバイス類と利幅の大きいファッションのみとなっています。

ところが唯一、一部の商品という表現がなくほぼ対象となっているポイントモールがありました。

VIEWカードユーザーが利用できる「VIEWショッピングステーション」です。

先に結論からいえば「VIEWショッピングステーション」経由で還元率の高いオススメのカードは「ビックカメラSuicaカード」です。

ビックカメラSuicaカードの申込みは、ポイントサイト経由でポイント2重どりです。
↓↓↓

モバイルSuicaチャージで1.5%の高還元率なクレジットカード「ビックカメラSuica(JCB)」カードは、ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで、新規入会特典2,000円相当のJREポイントに加えて、ハピタスから3,000円相当のポイントが付与されます。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録で100ポイントと7日以内の500pt以上の広告利用で900円相当のポイントで合計1,000円相当のポイントプレゼントです。

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法

VIEWショッピングステーションとは?

VIEWショッピングステーション」とは、VIEWカードユーザーが利用できるポイントモールです。

1,000円の利用毎に5ポイント(1ポイント=1円の価値)たまるのが基本の1倍です。

還元率としては0.5%ですので、これまでの利用してきたポイントモールと同一になります。

Amazonが利用できるようになったのは2021年2月1日からなので、あるいは暫定的な措置なのかも知れませんが間違いないです。

VIEWショッピングステーション

念の為ポイント対象外となる項目を抜き出してみましたが、やっぱりAmazonデバイス・ファッション以外は付与しないという内容にはなっていません。

・本サービスからAmazon.co.jpへ遷移する以前よりカートに入っていた商品を購入した場合
・本サービスからAmazon.co.jpへ遷移後、24時間を経過してから購入した場合
・本サービスからAmazon.co.jpへ遷移後、購入前にAmazonアカウントを変更(サインアウト)された場合
・本サービスからAmazon.co.jpへ遷移後、購入前に外部サイトへ遷移した場合
・Amazonアプリ上で購入した場合(Amazonアシスタント、Amazon 1Buttonアプリを含む)
・Amazonアプリ経由後ブラウザで購入した場合
※OSバージョンやセキュリティソフトにより、自動的に上記遷移をする場合がございます。
・ビデオ(VHS)商品のご購入
・Amazonギフト券の購入(アカウントチャージを含む)
・Amazon Businessでのご購入
・Amazon プライムのワードローブでのご購入
・ギフトラッピング・消費税・送料など
・購入商品をキャンセルもしくは返品された場合
・ご注文確定後のお客様都合による、商品交換・購入情報の変更(お支払い方法・送付先など)をした場合
・「Amazon定期おトク便」をご利用になった場合、初回配送分のみポイント付与の対象となります。次回以降の配送分についてはポイント付与の対象となりません。
・クーポンをご利用された割引金額

引用元:VIEWショッピングステーション

ただポイント集計期間は4ヶ月後と極端に長いので、先のことはまだわからない状態です。

Amazon以外の利用はポイント付与は低め

Amazon以外の利用について確認すると、楽天市場・Yahoo!ショッピングは0.5%のポイント還元であるため、ポイント還元が1%のポイントサイトを利用しましょう。

以上の3サイトあたりだと、1%の基本還元率にランク別のボーナスポイントなどが期待できますのでこちらを利用したほうが良いと思います。

VIEWショッピングステーションの支払い方法はVIEWカード

当然ながら、この「VIEWショッピングステーション」経由でボーナスポイントをもらうには、支払いの際に利用するカードはVIEWカードになります。

VIEWカードSuicaは「JREカード優待店」では3.5%の還元率ですが、他の利用は0.5%ですのでメリットは低いです。

選びたいのは常時1%の還元率で「VIEWショッピングステーション」経由でAmazonを利用すると+0.5%加算される「ビックカメラSuicaカード」です。

ビックカメラSuicaカード」なら1.5%の還元率でつかえる算段になります。

もっともAmazon利用ではもっと還元率が高いカードが存在するので、「ビックカメラSuicaカード」が最適回答とはなりませんが、これから保有しようと考えている方やすでに保有している方にとっては朗報です。

ビックカメラSuicaカードとはどんなカード?

付帯するSuica・モバイルSuicaへのチャージで1.5%のJREポイントが付与されるクレジットカードです。

ビックカメラSuica

名称の通りビックカメラの利用が最もメリットがあり、10%のビックポイントが付与されますが、予めSuicaにチャージして支払えば+1.5%加算されますので最大11.5%の還元率でビックカメラでショッピングができます。

年会費は初年度無料・翌年度524円ですが、これは1度でも利用すれば無料化されますので実質無料だと思って良いですね。

還元率 1%
Suicaチャージ 1.5%
ビックカメラ利用の還元率 10%
定期券機能 不可
年会費 初年度無料・翌年度524円(一度でも使えば年会費無料)
国際ブランド VISA/JCB
家族カード 不可
ETCカード 524円
海外旅行保険 自動付帯

デメリットは3つあります。

  1. 家族カードがない
  2. ETCカードが有料
  3. たまるポイントがビックポイントとJREポイントと複雑

ちなみにSuicaチャージの得には1.5%分のJREポイントがたまります。

家族カードがないデメリットは、ちょっと大きいですがJCB提携カードでチャージできるANA JCB プリペイドカードの活用で補えます。

JCB提携カードの還元率をアップできるANA JCB プリペイドカード

ANA JCB プリペイドカードは「ビックカメラSuicaカード」からのチャージでもポイントがつき、ANA JCB プリペイドカード自体の決済でも0.5~0.65%のキャッシュバックがあります(もしくはマイル付与)。

このプリペイドカードの利点は3つあります。

  1. ANA JCB プリペイドカードはJCBカード還元率を+0.5~0.65%底上げできる
  2. 本人名義以外のクレジットカードでもチャージできるため、家族カードの代わりに利用でき家計管理に便利
  3. 本人確認(3Dセキュア)対応でセキュリティも強い

①JCB提携カードの還元率を0.5~0.65%アップできる

ANA JCB プリペイドカードの発行は「ANA」です。

ANA JCB プリペイドカード

そのためマイルも貯めることもできますし、キャッシュバックも選択することができます。

ANA JCB プリペイドカードは、キャッシュバックとマイルの両方のうちどちらかが選択できます。

基本還元率 半年間チャージ12万円 半年間チャージ24万円
キャッシュバックコース選択 0.5%
200円につき1円キャッシュバック
0.65%
180円キャッシュバック
0.65%
360円キャッシュバック
マイルコース選択 0.5%
1,000円につき5マイル
0.65%
180マイル付与
0.65%
360マイル

ですので、キャッシュバックを選択して「ビックカメラSuicaカード」からチャージして普段の支払いに利用すると、最大1.65%の還元率にまでアップするということになります。

ですが実際のところマイルは航空券に利用するとその価値は1マイル=2円相当といって良いと思います。

そのためマイルをためている方は、マイルコースを選択したほうが有利です。

決済方法はカードと同じ一括払いの他に、Android限定ですがGooglePayに登録して、QUIC Pay+加盟店で非接触決済で利用できます。

②家族カードの代わりに利用でき家計管理に便利

ANA JCB プリペイドカードは、本人名義でなくても本人確認(3Dセキュア)設定がされていればチャージできます。

そのため「ビックカメラSuicaカード」に家族カードがない欠点を補うため、家族にANA JCB プリペイドカードを発行してもらって予算分をチャージするという家計管理方法が使えます。

プリペイドカードなら残高以上は使えないため、使いすぎを防止できますし、残高を意識すると不思議と無駄な買い物が少なくなります。

家計管理にはもってこいだと思います。

③本人確認(3Dセキュア)対応でセキュリティも強い

ANA JCB プリペイドカードは、プリペイドカードにしては珍しく本人確認(3Dセキュア)対応です。

そのためコード決済のd払いにも設定でき、本人確認(3Dセキュア)対応でのネットショッピングでも利用できます。

本人確認(3Dセキュア)は本人のみ知り得るパスワードがないと決済できませんので、カード番号・有効期限・セキュリティーコードだけ知っていても本人確認(3Dセキュア)対応のショップでは利用できませんので、セキュリティー性が高まります。

Amazon利用でポイントがたまるポイントサイトはないの?

VIEWショッピングステーション」経由でVIEWカード系では、ボーナスポイントがつくことがわかりましたが、ポイントサイトでは相変わらずポイントはつかないのでしょうか。

ECナビ経由なら、やはり一部(Amazonデバイス・ファッション)のみ対象としてポイントがつくようになっています。

ECナビbyAmazon

こちらも対象カテゴリーは定められていますので、対象の商品は経由して利用しましょう。

服&ファッション小物:4.0%
ジュエリー:4.0%
シューズ&バッグ:4.0%
衣料品 自社ブランド:4.0%
Kindle電子書籍リーダー:0.5%
Fire Tablet デバイス:0.5%
Echo&Alexaデバイス:0.5%
Fire TV:0.5%
Echo&Alexa 関連商品:0.5%
Kindle アクセサリ:0.5%
Fire Tablet アクセサリ:0.5%

引用元:ECナビ

ECナビお友達紹介キャンペーン
↓↓↓

ECナビでは新規入会キャンペーンが行われており、下記のバナー経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で、150円相当のポイントプレゼントに加えて、ポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

【Amazon】ポイントモール改悪後でもポイントがつくVIEWショッピングステーションとは?:まとめ

  • VIEWショッピングステーション経由のAmazon利用なら0.5%のポイントが付与されます。
  • ポイントがつく決済手段はVIEWカード系です。
  • VIEWカード系の中でも、基本還元率が高い「ビックカメラSuicaカード」なら1.5%の還元率でAmazonを利用できます。
  • ビックカメラSuicaカードはSuicaチャージで1.5%、ビックカメラで10%還元の高還元率カードです。
  • ビックカメラSuicaカードのポイント還元率は1%ですが、ANA JCB プリペイドカードにチャージして利用することで最大1.65%まで還元率は高まります。
  • AmazonでポイントがつくポイントサイトはECナビで対象は一部(Amazonデバイス・ファッション)です。

以上が「まとめ」となります。

VIEWカード系の中でも、基本還元率が高い「ビックカメラSuicaカード」はポイントサイト案件でも高単価のクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカードの申込みは、ポイントサイト経由でポイント2重どりです。
↓↓↓

モバイルSuicaチャージで1.5%の高還元率なクレジットカード「ビックカメラSuica(JCB)」カードは、ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで、新規入会特典2,000円相当のJREポイントに加えて、ハピタスから3,000円相当のポイントが付与されます。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録で100ポイントと7日以内の500pt以上の広告利用で900円相当のポイントで合計1,000円相当のポイントプレゼントです。

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法