イオンカードのポイントが「ときめきポイント」から「WAONPOINT」へ変更点を解説

イオンのポイント制度はかなり複雑で説明するのが非常に難しいのですが、2021年9月11日からイオンマークのクレジットカード・デビットカードの利用でたまるポイント「ときめきポイント」が「WAONPOINT」に統一されます。

ここで整理したいのですが、イオンのポイントプログラムでは3つのポイントが存在します。

貯まる時 利用方法
ときめきポイント クレジットカード・デビットカードの利用で貯まる WAONPOINT・WAONポイント・他のポイント景品などにへ交換可能
WAONPOINT 現金の支払い時に提示で貯まる 会計時に1POINT=1円で利用可能
電子マネーWAONに交換可
WAONポイント 電子マネーWAONの利用で貯まる 電子マネーWAONに交換

非常に面倒なポイントプログラムをざっくり説明すると上記のようになります。

このうち「ときめきポイント」はWAONPOINT・WAONポイントや他のポイントなどにも交換できたのですが、1,000ポイントからしか交換できなかったためなかなか貯まらないという問題があったのですが、これが1ポイントから支払いに利用できるWAONPOINTに一本化されることになります。

イオンユーザーならクレジットカード・銀行キャッシュカード・電子マネーWAONが一体化したクレジットカード「イオンカードセレクト 」がオススメです。

クレカ・キャッシュカード・WAON一体型カード「イオンカードセレクト」
3.5

イオンカードセレクト

①クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーWAONが一体になった便利なカード。
②イオン系列のお店で毎月20・30日は5%offでさらにWAONへのオートチャージでさらに+0.5%還元。
③ミニストップならWAONで税金・公金が支払えオートチャージの0.5%のポイントが付与されます。
■ポイントサイト「ワラウ」経由の申込みで新規入会特典に加えて5,500円相当のポイントがもらえます。

「ときめきポイント」・「WAONPOINT」の統合は2021年9月11日から

イオンカードの締日は、毎月10日であるためポイントの統合は9月11日からの実施になります。

これまでイオンマークのクレジットカード・デビットカードでたまるポイントは「ときめきポイント」というポイントでしたが、これが「WAONPOINT」に変更になります。

イオンのポイントプログラムは何を思ったのか3種類もあり非常に使いにくいのですが、これが2種類に統合されるため多少はスッキリします。

  • ときめきポイント
  • WAONPOINT
  • WAONポイント

これらのポイントの説明と統合されたことによる影響を解説します。

イオンカード(デビットカード)の利用でたまる「ときめきポイント」

イオンマークのクレジットカード・デビットカードでたまるポイントは「ときめきポイント」というポイントです。

イオンゴールドカードセレクト

1ポイント=1円の価値で、基本的には200円の利用で1ポイント、イオングループの店舗では200円の利用で2ポイントたまります。

交換先としてはdポイントへの交換ルートがあることが非常に便利で、年末年始のdポイント交換増量キャンペーンで15~25%も増やすことが可能でした。

ですがこれは今回の9月11日のポイント統合後はWAONPOINTの付与になりますので、dポイントへの交換は塞がれていきますね。

イオンをよく利用される方ならシンプルに電子マネーWAONに交換できるWAONポイントに交換したほうが、その後のWAONによる支払いでポイントが貯まりますので普段はWAONへの交換でOKだと思います。

問題点は「ときめきポイント」は、1,000ポイントからの交換という制限があることで、なかなか交換しにくい面倒なポイントであるという点でしたがdポイントなどへの交換ルートが無くなる代わりに、本筋であるWAONへの交換は1ポイントからできますので、WAONを高頻度で使う方にとってはかなり便利になります。

現金の支払いで貯まるWAONPOINT

現金の支払い時でもWAON POINTカードを提示すると200円につき1WAON POINT(0.5%ポイント還元)がたまります。

イオンでの支払い時にこのWAON POINTを1ポイント=1円で利用できます。

この支払いの充当に使う以外にWAON POINTは、電子マネーWAONに交換することができます。

交換できる場所は全国のイオンのWAONステーション・イオン銀行ATMとなります。

WAONステーション

イオンの店舗に行かないと交換出来ないという面倒さが残りますが、少額からでも交換できますので無駄がありません。

電子マネーWAONの利用で貯まるWAONポイント

一方で発音が一緒なのでややこしいのが、電子マネーWAONでたまるポイント「WAONポイント」です。

200円の利用で1ポイントたまり、電子マネーWAONの残高に交換できます。

イオングループのお店の支払いでは200円につきポイント2倍(1%還元)となります。

「毎月10のつく日」なら5倍ポイントになりますので、2.5%の還元となります。

このWAONはイオンカードセレクトでオートチャージすると0.5%のポイントが付与される設定になっているため、WAONを使うならイオンカードセレクトでオートチャージして「毎月10のつく日」に利用するというのが一番還元率が高くなります。

オートチャージ WAON支払い 合計
通常の日 0.5%(WAONPOINT) 1%(WAONポイント) 1.5%
毎月10のつく日 0.5%(WAONPOINT) 2.5%(WAONポイント) 3.0%
毎月20日・30日(5%off) 0.5%(WAONPOINT) 1%(WAONポイント) 1.5%(5%off)

従来はオートチャージのときに付与されるポイントが「ときめきポイント」でしたが、9月11日以降はWAONPOINTの付与になります。

ただやっぱり一番厄介な「WAONPOINT」・「WAONポイント」の統合はまだ果たされませんので、上記のように貯まるポイントが異なって一々交換が必要になる状態は変わりません。

ときめきポイントがWAONPOINTになって何が変わる?

イオンマークのカード利用でたまる「ときめきポイント」が「WAONPOINT」になることで、少なくともdポイントへの交換ルートは閉ざされるようですが、今後このポイント交換を拡充していくのかは不明です。

したがってイオンカードユーザーにとって以下の点がメリットといえます。

  • ときめきポイントの最低交換額が1,000ポイントからだったものが、WAONPOINTになって1ポイントからWAON交換ができる
  • 1ポイントからイオンのお店での支払いに充当できる

逆にデメリットを挙げると以下の点です。

  • dポイントへの交換ルートがなくなる

イオンマークのカード利用でたまる「ときめきポイント」が「WAONPOINT」になることで、少なくともdポイントへの交換ルートは閉ざされるようですが、今後このポイント交換を拡充していくのかは不明です。

一番ややこしいWAONPOINTとWAONポイントの統合はまだ

問題は発音が一緒なのに用途がぜんぜん違う「WAONPOINT」・「WAONポイント」が統合していないことで、制度がわかりにくくなっている最大の原因がまだ取り除かれていないことですね。

「お買い物をしたけど何のポイントが貯まったのかわからない」というのがイオンのお買い物時の問題だと思います。

もう一つはWAONPOINTの交換先がまだ「MI POINT」というなかなかレアなポイントでほぼ需要がなさそうな感じなのが問題です。

統合していってもポイントの利便性がないのでは、使い道が無いのと一緒だからです。

できればもうちょっと交換先が増えてくれるとメリットが大きいのですが、WAON=イオンという縛りで囲い込みをするためにポイント制度を活用しようとするでしょうから望み薄かも知れません。

これを突破できそうなのは「イオンSUGOCAカード」だけで、現在は利用でたまった「ときめきポイント」を「JRキューポ」に交換することができますので、今後たまるWAONPOINTを「JRキューポ」に交換し、そこからさらにTポイント・Gポイント・Pontaポイントへとかなり自由に交換できます。

両方のメリットを活用したい方は「イオンSUGOCAカード」になると思いますね。

関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。 九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。 「JRキューポ」を活用し[…]

【まとめ】イオンカードのポイントが「ときめきポイント」から「WAONPOINT」へ変更点を解説

イオンマークのカード利用でたまってきたポイント「ときめきポイント」が2021年9月11日から「WAONPOINT」に変更になり、3つのポイントが2つになることによる影響について解説しました。

一番難しいのは、「WAONPOINT」・「WAONポイント」が統合していないことですが、今回の変更はユーザー目線というよりは、よりイオンのサービスに囲い込みた変更になっています。

イオンカードは小売業イオンのハウスカードですのでこれは当然の成り行きですが、エポスカードとは逆の発想でカードで稼ぐ手段よりも、小売側を活かすためのカードとしての発展を選んだともいえます。

それにはイオン自体の魅力が高まらないといけませんので今後に期待したいと思います。

クレカ・キャッシュカード・WAON一体型カード「イオンカードセレクト」
3.5

イオンカードセレクト

①クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーWAONが一体になった便利なカード。
②イオン系列のお店で毎月20・30日は5%offでさらにWAONへのオートチャージでさらに+0.5%還元。
③ミニストップならWAONで税金・公金が支払えオートチャージの0.5%のポイントが付与されます。
■ポイントサイト「ワラウ」経由の申込みで新規入会特典に加えて5,500円相当のポイントがもらえます。